Home研究成果

書籍

『インターネットと人権侵害』

佐藤佳弘著、武蔵野大学出版会、ISBN 978-4903281-27-8、価格 2,000円+税
208ページ、2016年2月
第1章 ネット社会の現状/ 第2章 子どもの人権侵害/ 第3章 ネット上の人権侵害/ 第4章 ネット時代の法整備/ 第5章 ネットトラブルへの対処法/ 第6章 法的な手段/ 第7章 社会の取り組み/ 第8章 安全・安心のネット社会へ


『脱!スマホのトラブル』

佐藤佳弘著、武蔵野大学出版会、ISBN 978-4-903281-24-7、価格 1,250円+税
160ページ、2014年6月
第1章 カキコの危険/ 第2章 メール、メッセージの危険/ 第3章 アップロードの危険/ 第4章 ダウンロードの危険/ 第5章 サイト利用の危険/ 第6章 人体・健康への危険/ 第7章 その他の危険


『メディア社会やって良いこと悪いこと』

佐藤佳弘著、源社、ISBN 978-4-904248-11-9、価格 1,238円+税
160ページ、2012年5月
第1章 メールやダウンロードがややこしい/ 第2章 カキコや掲載がややこしい/ 第3章 音楽や映画がややこしい/ 第4章 携帯電話ががややこしい/ 第5章 ショッピングがややこしい/ 第6章 IT社会ががややこしい


『ネットでやって良いこと悪いこと』

佐藤佳弘著、源社、ISBN 978-4-904248-09-6、価格 1,238円+税
144ページ、2011年6月
第1章 音楽・動画の落とし穴/ 第2章 イラスト・画像の落とし穴/ 第3章 カキコの落とし穴/ 第4章 写真の落とし穴/ 第5章 ネット犯罪の落とし穴


『IT社会の護身術−ITは私たちを幸せにしたか?』

佐藤佳弘著、春風社、ISBN 978-4-86110-204-2、価格 2,095円+税
238ページ、2010年3月
第1章 ケータイがもたらしたもの/ 第2章 パソコンの行方/ 第3章 漂流するデジタル情報/ 第4章 ゆがむインターネット/ 第5章 ネット書き込みの向こう側/ 第6章 情報化してゆく生活

『情報化社会の歩き方−危険回避のガイドブック』

佐藤佳弘著、ミネルヴァ書房、ISBN 978-4-623-05424-4、価格2,800円+税
240ページ、2010年2月
序章 情報化社会の光と影/ 第T部 IT社会の権利侵害/ 第1章 人権侵害の危険/ 第2章 肖像権侵害の危険/ 第3章 著作権侵害の危険/ 第4章 個人情報の危険/ 第5章 プライバシー侵害の危険/ 第6章 訴えてやる/ 第U部 情報リスクマネジメント/ 第7章 危ない携帯電話/ 第8章 危ないメール/ 第9章 危ないサイト/ 第10章 危ないショッピング、オークション/ 第11章 危ないカード

『生活と情報技術−生活者から見た情報化社会』

生活と情報技術

佐藤佳弘著、アグネ承風社、ISBN 4-900508-48-9、価格2,330円(税込み)
181ページ、1995年11月
第1章 生活の情報化/ 第2章 暮らしへのインパクト/ 第3章 ネットワークが作るもう一つの社会/ 第4章 何が起きている、何かがおかしい/ 第5章 情報技術の可能性

学術論文

「情報支出から見た生活情報化のメディア特性」

論文

佐藤佳弘『日本社会情報学会学会誌』第19巻3号、2008年3月30日発行、pp.85-97
ご要望をいただけましたら、無料でお送りします。送料は当方で負担します。
                      クリックで拡大できます。⇒

「情報コストから見た生活情報化の定量把握」

佐藤佳弘『日本社会情報学会学会誌』第10号、1998年9月30日発行、pp.85-97
1999年度日本社会情報学会・学会賞(論文奨励賞)を受賞しました。

白書の総論

「IT生活の新世紀〜ブロードバンドとユビキタス時代を迎えて〜」

佐藤佳弘『情報化白書2002』(財)日本情報処理開発協会、2002年6月20日発行、pp.22-38
1.21世紀日本の実像/ 2.ユビキタス社会の福音/ 3.ブロードバンドでつながる家庭と社会/  4.eワークでeライフ/ 5.安全・安心・信頼のネットワーク/ 6.IT生活の課題と展望

「21世紀情報化の課題と展望」

『情報化白書2000』(財)日本情報処理開発協会、2000年6月16日発行、pp.42-46
佐藤佳弘は、「4.家庭の情報化」を分担執筆しています。

その他

・「生活の情報化」『情報化白書』の執筆(1990年〜2005年)
・「生活情報化・考」『自由』の連載(2003年2月号〜2009年2月号)
など多数あります。

ページトップへ
Copyright (C)2009 Institute of Culture and Information Technology, Inc. All Rights Reserved.